免震床システム


IBフロア  CS×FI-NR、CD×FI-NR

免震床システム
カタログをみる 図面をダウンロード

特長

すべり摩擦方式の免震床システムで、コンピュータを地震の揺れから守ります。

すべり摩擦方式
構造が簡単なすべり摩擦方式を採用しており、複雑な機構がありません。さらに、スライド面を下向きにしているためゴミ、ホコリの付着もなく、メンテナンスが簡単です。
広い配線空間
免震装置はスラブ面上約70mmまたは110mmと超薄型。その分、配線空間や空調空間を多くとることができます。
(従来のフレーム方式の場合、装置の高さは200〜350mm必要)
ウイスカフリー
ウイスカ発生のおそれのある電気亜鉛めっき部品を使用していません。
※ウイスカとは、電気亜鉛めっき部品から発生する導電性を有するヒゲ状結晶で、コンピュータ機器に悪影響を及ぼすと言われています。

SNパネル式免震床のしくみ

SNパネル式免震床のしくみ地震により摩擦以上の水平力が加わると、支承部とスライドパネル間にすべりが生じます。これにより床応答か速度を低減させると共に、すべり摩擦により地震エネルギーを減衰します。原点への復帰は、コイルバネによって行います。

コイルバネの設置方式

免震床と固定床との間のボーダーパネルがスライドすることにより地震時の免震床の動きを吸収します。復元機構であるコイルバネの設置方式には、「コイルバネビーム 下配置方式」と「コイルバネ周辺部配置方式」の2種類があり、免震床の広さや平面形状等の設計条件により選択します。

コイルバネ周辺部配置方式

コイルバネビーム 下配置方式

コイルバネ周辺部配置方式

コイルバネ周辺部配置方式

性能

性能検証試験SNパネル式免震床の性能を確認するため、3次元大型振動台による実大実験を行った結果、十分有効な免震性能を発揮することを確認しました。

免震床の動き

オプション

配線処理部材

  • ケーブル、コネクタの落下防止用
  • ケーブルストッカー
    ケーブルストッカー
  • 緩衝部のケーブル余長処理用
  • ケーブルガイド
    ケーブルガイド(CS×FI-NRのみ)

設計フローチャート

設計フローチャート

は設計時にお客様よりご提示いただく条件です。

※設計条件、建物特性によっては、ご希望の性能にならない場合があります。

施工の流れ

  • 施工手順1
    @支承部をスラブ面に接着固定する
  • 施工手順2
    Aスライドパネル、ジョイントビームを設置する
  • 施工手順3
    B二重床を取付ける
     
  • 施工手順4
    Cコイルバネを取付ける(写真はコイルバネ周辺部配置方式の場合)
  • 施工手順5
    D緩衝部固定床を施工する
  • 施工手順6
    E緩衝部ボーダーパネルを取付ける
  • 施工手順7
    F施工完了

免震床性能・仕様

免震方向水平2次元
免震床高さ300〜750mm
積載重量※1600kg/m²以下
免震性能※2設定入力加速度※3に対して免震床上の応答加速度目標200gal以下
相対変位量±200mm以下※4
免震床重量約80kg/m²(二重床含む、免震床高さ=600mmの場合)

※1 積載重量とは、二重床および免震装置上への上載可能な重量です。

※2 免震性能は建物の振動特性によって異なるため、応答解析により確認することになります。

※3 設定入力加速度とは、免震床設置フロアの設計最大入力加速度を示します。

※4 オプションで240mm・280mmに拡張可能です。

二重床パネル

  • CS×FI-NR(スチールパネル)
  • CD×FI-NR(アルミパネル)

標準は、IBフロア CSパネルを使用します(CS×FI-NR)。CSパネル(スチールパネル)の仕様について詳しくはこちらをご覧ください。
CS-NR・CS-SRのページへ

※アルミパネルを使用することもできます(CD×FI-NR)。パネル仕様について詳しくはこちら。
CD-NP600hのページへ

免震床高さ

(単位:mm)

  • コイルバネビーム 下配置方式
免震床高さ 300350400450500 550600650700750
配線空間 201251301351401 451501551601651
  • コイルバネ周辺部配置方式
免震床高さ 300350400450500 550600650700750
配線空間 201251301351401 451501551601651

関連製品

6000N仕様 スチールパネル
6000N仕様 スチールパネル
6000N仕様 アルミパネル
6000N仕様 アルミパネル