沿革


昭和7年
中博光が札幌市南大通西2丁目に建築金物の販売を目的とする「中博光商店」を創業
昭和29年
札幌市苗穂町に札幌工作所を開設し建築金物の製造を併営
「ナカ式ノンスリップ」の特許権を取得しナカブランド製品第一号が完成
昭和30年
「東京営業所(現・東京支店)」を開設し北海道外に進出
昭和32年
東京工作所(東京都足立区)を開設
国内初となるアルミ押出型材による手すりを開発
昭和33年
「大阪出張所(現・大阪支店)」を開設し全国的な営業活動に入る
昭和34年
資本金1000万円で法人に改組し 「株式会社中博光商店」 を設立
本店を札幌市北1条東2丁目に置く
資本金2000万円に増資
(社)発明協会全国発明表彰において「階段すべり止めの考案」により発明賞を受賞
昭和36年
社長直轄の技術研究部門を発足
「名古屋出張所(現・名古屋支店)」を開設
「福岡出張所(現・福岡支店)」を開設
昭和37年
「仙台出張所(現・仙台支店)」を開設
床点検口「ニューハッチ」を開発
昭和38年
「広島出張所(現・広島支店)」を開設
大阪市生野区に工作所を開設
昭和39年
資本金5000万円に増資
天井点検口の急速な需要にこたえて「ハイハッチ」を開発
昭和41年
大阪工場(大阪市淀川区)を建設
「横浜出張所(現・横浜営業所)」を開設
資本金1億円に増資
昭和42年
中博光社長が「黄綬褒章」を受章
「千葉出張所(現・千葉営業所)」を開設
「新潟出張所(現・新潟営業所)」を開設
昭和43年
埼玉県八潮市に「東京工場」を建設
資本金1億5000万円に増資
昭和45年
「金沢駐在所(現・金沢営業所)」を開設
「高松駐在所(現・高松営業所)」を開設
資本金2億円に増資
昭和46年
資本金3億円に増資
昭和47年
創業40周年を機に「ナカ工業株式会社」に商号を変更
資本金4億円に増資
昭和48年
札幌市西区に新社屋、工場を建設し、「本社及び札幌支店、札幌工場(現・札幌支店、札幌工場)」を移転
丸型の樹脂被覆連続手すり「ニュービニパールO−40型」を開発
昭和49年
避難器具「タスカール」を開発
「鹿児島駐在所(現・鹿児島営業所)」を開設
資本金5億5000万円に増資
昭和50年
製品開発の充実を図るため「潟iカ技術研究所」を設立
製品の保守・交換を目的として「ナカ・メンテナンス梶i現ナカ・テクノメタル株式会社)」を設立
昭和51年
「多摩駐在所(現・立川営業所)」を開設
昭和54年
「水戸駐在所(現・水戸営業所)」を開設
昭和56年
中博光社長が「勲四等瑞宝章」を受章
手すり兼用壁保護材「セフティーライン」を開発
昭和57年
「北関東支店(現・さいたま支店)」を開設
昭和58年
本社を札幌から東京都(千代田区内幸町)に移転
昭和59年
海外初の大型工事となる香港上海銀行新築工事に対応して「香港駐在事務所(現・香港支店)」を開設
トイレまわり補助手すり「愛の手」を開発
昭和61年
NTT都市開発株式会社と共同でOA用二重床システム「IBフロア」を開発
資本金8億円に増資
平成元年
滋賀県甲賀市に「滋賀工場」を建設
平成4年
茨城県稲敷市に「つくば工場」を建設
平成7年
本社を千代田区神田司町に移転
平成9年
子会社吸収合併により資本金8億6000万円
平成10年
滋賀工場ISO9002認証を取得
平成13年
滋賀工場ISO14001認証を取得
東京工場避難器具(タスカール)製造部門ISO9002認証を取得
平成14年
北海道事業本部(札幌地区)ISO14001認証を取得
平成15年
本社を品川区大崎に移転
つくば工場ISO9001認証を取得
平成19年
中国広東省珠海市に共同出資による「納珈(珠海)建材有限公司」を設立
コーポレートメッセージ「やさしさと安心を たしかな技術で支えます」を制定
平成22年
本社を台東区東上野に移転
平成25年
「ハイハッチ」3,000万台、「タスカール」100万台の生産を達成
「IBフロア」5,000万枚の出荷を達成
平成27年
シンガポール支店を開設
床埋設式降下型避難機器「UDエスケープ」を開発
  テレビ東京WBSトレたまで紹介され、「2015年間大賞」を受賞