社長メッセージ


「やさしさと安心を たしかな技術で支えます。」

笹嶋敏之

このメッセージには、これまで培った技術を活かし、たゆまぬ創造を続けながら社会のニーズに応えていくという、創業当時からの開発者魂ともいえる強い信念と自信が込められています。

当社は1932年、札幌市に中博光商店として創業し、金物全般の販売のかたわら創業期から自家工場を持って独自ブランド製品の開発に取り組み、1959年には法人化して、その2年後には現在の技術研究所の前身となる研究部門を立ち上げ、製品の開発、改良に取り組んでまいりました。

ナカ工業が手すりを作り始めて半世紀以上が経過いたしますが、当初の手すりは、鉄や真鍮製で、冬冷たく、夏熱くなる。そこで、手にやさしい手すりにしようとの思いから樹脂被覆の製品を開発しました。今では転倒等の危険から身を守ってくれる手すりは、公共施設・一定規模以上の商業ビルでは設置が義務化されるに至っております。

いつの時代にあっても当社は”デファクトスタンダード”を目指し製品の開発、改良をし続けてまいります。

常にエンドユーザーの”転ばぬ先の杖”として「やさしさと安心」をコンセプトに「たしかな技術で」品質本位のものづくりに努め、新たな製品を世に送り出していくことがナカ工業の使命であると考えております。

ナカ工業株式会社 代表取締役社長

笹嶋 敏之