避難器具


タスカールリニューアルRPC・RNC・RFC 改修用

タスカールリニューアル
カタログをみる 図面をダウンロード

避難ハッチについて

タスカールリニューアル平成4年以前の避難ハッチは、鉄製が主流でした。そのため定期的な点検を受けていてもメンテナンスが不十分な場合、ケースが錆びて腐食し蓋に穴が開くなど使用に耐えない状態になるケースがありました。
現在の避難ハッチは耐腐食性に優れたステンレス製であることが、消防法施行規定により定められており、年に2回の点検義務がありますが、任意設置の場合などは点検義務が無く、こういった腐食状態が見逃されがちになっています。
腐食の進んだ古い鉄製の避難ハッチをそのまま使用することは大変危険です。万が一の災害時に使用できない可能性も高いので、速やかにステンレス製の避難ハッチに交換することをおすすめします。

タスカールの使い方、オプション部品に関してはこちらをご覧ください。
タスカールSPC 標準タイプ

ラインナップ

はしごが六価クロメートフリーの新タイプになりました。

RPC

タスカールRPCは、他社製品を含むどのようなタイプの避難ハッチの改修にも対応できる、オーダーメイド製品です。現地での実測を行うことで、既存の避難ハッチに適応する、新しいハッチを製作・施工することが可能です。

RPC

※本図寸法は標準タイプの参考寸法です。既存避難ハッチの実測値により変わります。

※上蓋のエンボス加工は標準です。既存避難ハッチの実測値によっては、エンボス加工なしの場合があります。

※H寸法は既存スラブの厚みにより変わります。

RNC・RFC

タスカールRNC・RFCは、当社が以前(昭和52年から)販売していたタスカールNT・FT・FTSの改修用として開発されました。RNCはNTタイプ取替用、RFCはFT・FTSタイプ取替用の専用タイプのため、実測も簡単で施工も確実です。

RNC

型番・規格(RPC)

型番 はしご本体
段数 適応階高h
RPCⅢ-107 7段 2,560≦h≦2,900
RPCⅢ-108 8段 2,900≦h≦3,240
RPCⅢ-109 9段 3,240≦h≦3,580
RPCⅢ-110 10段 3,580≦h≦3,920
RPCⅢ-111 11段 3,920≦h≦4,270
RPCⅢ-112 12段 4,270≦h≦4,610

※適応階高(要現場実測)は、既存枠の最上端からの高さとなります。

  • はしご本体 型式番号:は第24〜1号
  • 収納ケース 認定番号:上蓋エンボスあり:カh-01-1、上蓋エンボスなし:カh-01

型番・規格(RNC・RFC)

型番 はしご本体 収納ケース
段数 適応階高h 外形寸法
L1×W1
開口寸法
L2×W2
H寸法
RNCⅢ-106 6段 2,220≦h≦2,560 720×720 552×552 195
RNCⅢ-107 7段 2,560≦h≦2,900 800×720 632×552 210
RNCⅢ-108 8段 2,900≦h≦3,240
RNCⅢ-109 9段 3,240≦h≦3,580 880×720 712×552 225
RNCⅢ-110 10段 3,580≦h≦3,920
RNCⅢ-111 11段 3,920≦h≦4,270 940×720 772×552 240
RNCⅢ-112 12段 4,270≦h≦4,610
RFCⅢ-106 6段 2,220≦h≦2,560 720×720 552×552 195
RFCⅢ-107 7段 2,560≦h≦2,900 800×720 632×552 210
RFCⅢ-108 8段 2,900≦h≦3,240
RFCⅢ-109 9段 3,240≦h≦3,580 880×720 712×552 225
RFCⅢ-110 10段 3,580≦h≦3,920
RFCⅢ-111 11段 3,920≦h≦4,270 940×720 772×552 240
RFCⅢ-112 12段 4,270≦h≦4,610
  • はしご本体 型式番号:は第24〜1号
  • 収納ケース 認定番号:カh-25

新旧タイプ比較表

新タイプ 旧タイプ
型番 型番 はしご型式番号
RNCⅢ-106 NT-106 は第52〜1号
は第52〜1〜1号
RNCⅢ-107 NT-107 は第52〜3号
は第52〜3〜1号
RNCⅢ-108 NT-108
RNCⅢ-109 NT-109 は第53〜2号
は第53〜2〜1号
RNCⅢ-110 NT-110
RNCⅢ-111 NT-111 は第53〜3号
は第53〜3〜1号
は第53〜3〜2号
RNCⅢ-112 NT-112
RFCⅢ-106 FT・FTS-106 は第52〜1号
は第52〜1〜1号
RFCⅢ-107 FT・FTS-107 は第52〜3号
は第52〜3〜1号
RFCⅢ-108 FT・FTS-108
RFCⅢ-109 FT・FTS-109 は第53〜2号
は第53〜2〜1号
RFCⅢ-110 FT・FTS-110
RFCⅢ-111 FT・FTS-111 は第53〜3号
は第53〜3〜1号
は第53〜3〜2号
RFCⅢ-112 FT・FTS-112

材質

はしご本体/熱間圧延鋼板 溶融亜鉛めっき+三価クロメート

収納ケース/ステンレスSUS304

現地調査から施工までの流れ

  • 事前に改修する避難ハッチの寸法を計測し、周囲に支障となるものがないか調査します。実測の際は室内を通ってベランダに出る必要があることから、居住者が在宅である必要があります。また、ハッチを開けることがあり、階下の居住者にも事前に作業内容を伝えておく必要があります。
  • 計測した寸法をもとに、既設避難ハッチに合わせた新しいハッチを製作します。ハッチの製作には、通常2週間程度必要になりますので、お急ぎの場合は別途ご相談ください。ベランダの水勾配も計測しており、ジャストフィットした製品となります。
  • 改修工事を行う日程を居住者の在宅日時に合わせ調整します。工事の際は階下に埃や撤去くずなどが落ちることがありますので、階下の居住者にも事前に日程を伝える必要があります。
  • 蓋・はしご等を撤去階下に撤去くずが飛散しないように、シート養生を行います。その後、上蓋や下蓋、はしご本体、付属部品などを撤去します。残された枠に突起部分や不要部品が付いている場合は、ディスクサンダー等で削り取ります。
  • 錆止め塗装既設ハッチの枠はそのまま残るので、腐食防止のための錆止め塗装を行います。
  • ハッチ・はしごの取付錆止め塗装乾燥後、ステンレス製のハッチと、ワンタッチで展張する最新式の避難はしごを取付け、枠の外周隙間をシーリング材で埋めて防水処理をします。
  • 動作確認はしごの展張、収納の動作確認を行い、後片付けおよび周囲の清掃をして、すべての作業が完了します。

関連製品

標準タイプ
標準タイプ
二重天井用
二重天井用
上下階操作型
上下階操作型
固定タラップ用
固定タラップ用