雪庇発生防止装置


セフティーウイング

セフティーウイング
取扱説明書をみる 図面をダウンロード

セフティーウイングの特長

セフティーウイングセフティーウイングは、試験施工による観察記録と風洞実験データの結果から開発された雪庇発生防止装置です。(特許登録申請済み)

各地域の積雪量から設置高さを自由に選択でき、設置場所を選びません。

多層化の羽構造により風速を減少させることなく、雪を下流側に排出することで、積雪による機能低下を最小限に抑えることが出来ます。

また羽状のため、周囲の融雪を促進する効果があります。

※設置後に平均積雪量の変化や周囲の環境変化などによる性能低下が発生した場合、装置高さを嵩上げする事が可能です。

雪庇(せっぴ)とは

雪庇とは積雪地帯では建築物の屋根や屋上から外壁面より外側にせりだしてくる雪の塊(雪庇・せっぴ)が落下して、通行人に危害が及んだり、建物の窓ガラスなどに損害を与える事故が多発しています。雪庇は、成長している間に融雪結氷を繰り返して硬い雪となって落下するので大変危険です。

雪庇の出来るメカニズム

雪庇の出来るメカニズム雪庇は、降雪時の気温・風速・雪質の条件が揃った時に発生します。

風下側に低い段差がある場合、段差の部分では図のように気流が起きます。この時に雪が伴うと、段差外側に雪が付着して成長していくため、雪庇が出来ます。

雪庇発生防止装置とは

雪庇発生装置とは建物の段差部分(屋根・屋上)に出来る気流の流れをスムーズに下流側に流し、かつ外壁面に沿って積雪以上の高さをもつことにより、雪だまりや雪庇の発生を防止する装置です。

気流の流れを変える整流板(羽)を多層に配置すると図のように建物から離れた場所に気流の渦が発生し、外壁に雪が付着しません。しかし、積雪量により装置の高さが屋上の積雪面よりも低くなると、雪庇が発生するようになるため、設置場所の諸条件を考慮して高さを設計することが必要です

※気象状況により装置の高さ以上の積雪が発生した場合は、除雪などの対処が必要ですのでご注意ください。

カラーバリエーション

  • シルバー
    シルバー
  • ゴールド
    ゴールド
  • ブラック
    ブラック

※カラーバリエーションはイメージです。詳しくはお問い合わせください。

材質

羽根/アルミ押出形材 アルマイトクリアー

支柱/アルミ押出形材 アクリル樹脂焼付塗装

コーナージョイント/アルミPL 3.0 アクリル樹脂焼付塗装

支持材/スチール溶融亜鉛メッキ

アンカー/ステンレス

カバー/ステンレス

Q&A

雪庇発生を防ぐ効果は本当にあるの?

雪庇の発生は地域の気象条件、建物など周辺の状況により異なります。
気象条件の検討・風の流れなどのシュミレーションから適切な設置位置を決定します。装置を単に設置するだけでは効果は期待できませんので、弊社営業までご相談ください。

雪庇発生防止装置を設置するメリットは?

地域によりますが雪庇が発生すると、3〜4回雪を落とす必要があると言われています。
セフティーウイングは雪庇の発生を防止し、雪下ろしの手間や危険性を緩和します。また屋根融雪とは違い、電気などの熱エネルギー等は一切必要ありませんので設置後のランニングコストがかかりません。

セフティーウイングだから出来ることは?

多層にわたり羽構造になっているため、風をコントロールし風速を減少させることなく下流側に排出するので、積雪による機能低下を最小限に抑えることが出来ます。 また、羽状のため周囲の融雪を促進する効果があります。価格も製品のユニット化により、低価格を実現しました。

外観、屋根に合わせた色はできる?

色は、屋根・外壁にある程度合わせることが可能です。お問い合わせください。

雪の降る季節以外にメンテナンスは必要ですか?

必要ありません。

自分で取り付けできますか?

申し訳ございませんが、雪庇防止対策に必要な計算から装置の高さなどを決定しますので、お客様ご自身による取り付けはご遠慮ください。

参考積雪量(北海道)

地域 垂直最深
積雪量
屋根上
積雪量
地域 垂直最深
積雪量
屋根上
積雪量
石狩 札幌(定山渓、手稲は別) 100 60 宗谷 稚内、礼文、利尻 100 60
千歳、恵庭 50 30 豊富 130 78
江別、北広島 100 60 網走 北見、網走、紋別、東藻琴 100 60
石狩、当別 130 78
上川 旭川、富良野 100 60 胆振 室蘭、苫小牧、登別、伊達 50 30
士別、名寄 130 78 洞爺、豊浦 130 78
美深、音威子府 150 90 日高 平取、門別、静内 50 30
空知 芦別、栗沢、長沼 100 60 日高 100 60
岩見沢、美唄、砂川、滝川 150 90 十勝 池田、豊頃、本別、足寄 80 50
深川、雨竜、歌志内 150 90 帯広、音更、清水、広尾 100 60
後志 島牧 100 60 新得 130 78
小樽、寿都、蘭越、岩内 130 78 釧路 釧路町、厚岸 50 30
ニセコ、真狩、留寿都、倶知安 200 120 釧路町、厚岸 60 36
渡島 函館 50 30 標茶、弟子屈、阿寒、鶴居 100 60
松前、上磯 80 50 根室 根室、別海 50 30
八雲、長万部 100 60 中根室、標津、羅臼 100 60
桧山 江差 80 50 留萌 増毛、小平 130 78
奥尻、瀬棚、北桧山 100 60 留萌 150 90

※垂直最深積雪量は北海道住宅建築協会発表の値を使用しています。

※屋根上積雪量は平均風速2.5m/Sとして屋根形状係数を0.6として計算しています。

※札幌市手稲地方で垂直積雪量は、130cm、定山渓地方で150cmです。

お問い合わせ先

セフティーウイングに関するお問い合わせ・資料請求は、下記支店または営業所までお願いいたします。
(受付時間:8:30〜17:30、土・日・祝日を除く)

札幌支店
〒063-0836 札幌市西区発寒16条13-2-50
TEL.011-662-7611
FAX.011-666-1350
仙台支店
〒983-0039 宮城県仙台市宮城野区新田東3-12-3
TEL.022-239-2511
FAX.022-239-2522

関連製品

落下防止ネット
落下防止ネット