手すりカバー


TJ-34・TJ-38・TJ-42・TD-42

TJ-38
カタログをみる 取扱説明書をみる ネット通販ショップ
冬は冷たく、夏は熱い金属手すりに
お困りではありませんか
屋外にあるステンレスなど金属製の手すりは、冬は冷気にさらされて冷たく、夏は直射日光などにより熱くなります。

手すり

手すりのカバーをつくりました
手すりカバーは、既存の金属製手すりに樹脂のカバーを装着することで、金属製手すりに触れたときの不快感を軽減することができる製品です。取付方法も、両面テープと接着剤を使用し、パチンとはめ込むだけでかんたんに施工することができます。

手すりカバー

樹脂の熱伝導率
樹脂の手すりはステンレスと比べて熱伝導率が1/100と小さく、手すりを握った時の冷たさ・熱さを和らげる効果があります。アンケートでは冬場8℃の室内環境においても、手すりは冷たく感じるほど嫌われ、温かく感じるほど好まれる傾向が顕著に見られます。(手すりの温冷感と嗜好の対比)
(出典:1990年10月 日本建築学会大会学術講演梗概集講演番号1082「手すりの感触評価方法に関する研究」より)
注)この研究は樹脂手すりとステンレス手すりの比較であり、手すりカバーの研究ではありません。

手すりの温冷感と嗜好の対比

サーモグラフの比較
−20℃のステンレス手すりをカバー有りと無しで握り、手の表面温度を比較しました。カバー有りの方が熱伝導率が低い事がわかります。
※暗い色になるほど低温を表します。

サーモグラフの比較

仕様

型番対応径カラー定尺材質
TJ-34Φ34No.02 グレー
No.02 グレー
No.22 ライトブラウン
No.22 ライトブラウン
2.5m手すり笠木:高耐候性・高耐衝撃性硬質樹脂(表面つや消し調)
端部カバー:高耐候性硬質樹脂
TJ-38Φ38
TJ-42Φ42.7
TD-42Φ42.7
(ディンプル付)